肝斑(かんぱん)の原因

肝斑(かんぱん)ができたけど、どうしてできたんだろう…。
そんな方に肝斑ができる原因の一つをご紹介します。

 

主な原因は女性ホルモンのバランスやストレスが影響していると言われています。出産や妊娠、ピルなどを飲み女性ホルモンが発達すればするほど肝斑はだんだん濃くなるようです。
また生活習慣が乱れている方は、肝斑ができやすいと言われています。

 

化粧品で自分のお肌に合っていなければ、肝斑ができやすいと言う方もいます。
本当にいわゆるよく顔に出来るシミと同じ傾向ということですね。

 

閉経するまで肝斑は治らないと言われています。なので、最近は予防として肝斑用の化粧品が出たりしていますね。
簡単に言ってしまうと、女性ホルモンに何か変化があった時にこの肝斑はできやすいです。

 

30代・40代で出産された方は特に気をつけてください。
ハッキリとした肝斑の原因が早く分かればいいのですが、正直、シミとは何が違うのか素人の私から見てても、あまりわかりません。

 

30代の方でお肌のスキンケアをしていない方は少ないと思いますが、もしまだしていない方がいらっしゃるなら是非してください。肝斑の原因を取り除く事ができますよ。

 

 

>>当サイトおすすめの美白化粧品はこちら