柴胡桂枝乾姜湯と肝斑(かんぱん)について

肝斑(かんぱん)は漢方薬でも改善すると言われています。
その漢方薬というのが柴胡桂枝乾姜湯です。効果はさまざまで、血液・内臓・お肌などいろいろあります。からだ全体に効くということでしょうか。

 

私の母が飲んでいたのですが、主な理由は肝斑ができたからです。
しばらく飲んでいたら「肝斑が薄くなったようだし、肩こりも、頭痛も治ってきた気がする。高血圧で動悸がすることもあるけど、この漢方飲んでから痛いところや、悪かったところが良くなった気がする」と話していました。

 

また効いてくるのが早いのか、母の肝斑が薄いのかどちらか分かりませんが、効果が出るのが結構早かった様に思います。どんなところにでも効果があるところがすごいですね。
肝斑はストレスを溜め込んだりしたらなるそうですが、この漢方は精神面も整えてくれるらしいので安心ですね。

 

ちなみに、更年期障害にも効果のある薬だそうなので、40代〜50代の方にもおすすめだと思います。

 

 

>>当サイトおすすめの美白化粧品はこちら