しみやくすみの原因

しみやくすみは、肌で生成されたメラニン色素が沈着した状態をいいます。
メラニン色素は紫外線などの刺激で生成され皮膚の細胞を守ります。

 

一定期間メラニン色素は皮膚に留まった後、本来ならば消滅するもので、肌の新陳代謝によって排出されています。とはいえ排出が代謝によって追いつかない場合、つまりメラニン色素の生成が過剰になった場合は肌に残ってしまいます。これがしみやくすみの原因です。長期に渡る肌の炎症や紫外線の影響などにより、メラニン色素の過剰生成がおきしみやくすみの原因となるようです。

 

シミやくすみがが皮膚のかぶれやにきびが悪化して、色素が沈着することによる場合もあります。
古い皮膚が、高齢による代謝の低下や肌の乾燥、血行不良によって排出されにくくなります。

 

歳を取ると、メラニン色素が残りやすい傾向があるようです。
女性ホルモンの影響でメラニンの過剰生成が行われる場合があるのが妊娠中や生理中で、肌が敏感になっていることから紫外線や乾燥の影響を受けやすくなっているといいます。

 

メラニン色素の沈着のほか、角質層が厚くなって透明感を失ってしまったり、血流不全で毛細血管に濁った血液が流れていることが原因で、くすみが起こります。シミやくすみ対策は原因によってそれぞれ違いますので、まずは自分の肌の状態やその原因を探るところから始めましょう。

 

 

>>当サイトおすすめの美白化粧品はこちら